独学でも取得できる?

ここではパーソナルトレーナー向け資格を独学で取得する場合のメリット・デメリットを解説しています。

パーソナルトレーナーの資格は独学でも取得可能?

パーソナルトレーナーの資格は独学でも合格すれば取得することは可能です。資格によっては高卒以上でCPR(心肺蘇生法)およびAED(自動体外式除細動器)の講習を受けていることなど条件がありますが特に大きな障害にはなりません。

ただ養成スクールや専門学校に通っている場合と比較して不利になる点はいくつかあり、独学で資格を取得するのは容易ではないことは理解しておくべきです。

例えばパーソナルトレーナー資格の養成認定校では受けなければいけない講習が免除されたり、トレーニングジムで実践体験することも可能ですが独学ではそうしたことは一切ありません。

受検資格として専門学校や大学の卒業や、スポーツ現場での実務経験を求められるケースもありますので、場合によっては試験を受けることができないことも考えられます。

また仮に独学により知識だけで資格取得ができたとしても、実際にクライアントへ指導する経験がなければ即戦力としてパーソナルトレーナーの仕事をすることは難しいでしょう。経験者でないかぎりスクールで多くのことを学ぶ方が近道です。

独学のメリット・デメリット

独学での資格取得は通学と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのかを整理してみました。

メリット

デメリット

パーソナルトレーナーの資格を独学で取得している人はいます。しかし実際には過去にスクールで勉強経験があったり、フィットネスクラブでアルバイトをして知識だけで不足する部分を補うなどしないと難しいでしょう。

とりあえず資格だけ取ればあとは何とかなるという性質のものであればよいですが、パーソナルトレーナーにおいては資格は一つのアイテムにしか過ぎません。

独学で資格取得を目指すのは自由ですが、その先にある自分の理想とするパーソナルトレーナーに近づくために何をすべきかを考えた上で進めないと、資格取得の意味を見失うことになるので要注意です。