パーソナルトレーナーに活かせるサプリメント資格

健康志向の高まりを背景に、アスリートだけでなく、一般の多くの人々も日々の生活に導入するようになっているサプリメント。このページでは、サプリメントの分野において、どのような資格があるのかをみていきます。パーソナルトレーナーとしてスキルアップするためにも、サプリメント関連の資格の取得は、充分に検討の価値ありです。

サプリメントの知識が豊富なパーソナルトレーナーを目指す

サプリメントの資格を持っている人々

どのような仕事をしている人がサプリメント関連の資格を所有しているものなのでしょうか。勉強を通して、それぞれの身体のコンディションに応じて適切なサプリメントを選ぶための知識が身に付いていると証明してくれるのが数々の資格の特徴です。多種多様なサプリメントが販売されている現状では、重宝される知識です。

たとえば、ドラッグストアなど健康食品を販売する場所で働く場にも役に立つでしょう。どのプリメントを購入したらよいかわからず困っている人をサポートすることが可能です。

さらに、販売のみならず、新しいサプリメントの企画や開発に携わるような機会もめぐってくるかもしれません。

医師や薬剤師も有資格者

健康食品を扱う人のみならず、医師や薬剤師でもサプリメント関連の資格を取得しているケースが増えてきています。患者さんがサプリメント選びに困っているときに、患者さんの症状に合ったサプリメントを紹介することができるわけです。実際、サプリメントの口コミ評判などでも「医師に教えてもらって飲み始めました」といった声が上がっています。

パーソナルトレーナーにもおすすめ

実はパーソナルトレーナーという職業にとっても、サプリメント関連の資格は活躍の場を広げたり、スキルアップしたりするために有効な資格の一つなのです。パーソナルトレーナーはアスリートの体調を整える指導を行います。そのため、できるだけアスリートの体調をキープするように努めなければなりません。

そのためのサポートとして、サプリメントを導入する方法があります。資格を取得して深い知識を持っていれば、サプリメントを正しい方法で効果的に導入することができます。その結果、アスリートの身体を、できる限りベストコンディションに近づけやすくなるでしょう。

資格を取得するためにかかるコスト

サプリメント関連の保有することにメリットがある一方、資格取得には決して安くない費用がかかる場合もあります。

ですから、数あるサプリメント関連の資格のなかから、自分の仕事の幅を広げてくれそうなものを慎重に選び、仕事の中でしっかりと知識を活用していきたいところです。ここでは、日本サプリメントアドバイザー認定機構が認定している「サプリメントアドバイザー」を取得するのに必要な費用についてみていきましょう。

資格を取得する際に必要なコスト(サプリメントアドバイザーのケース)

資格取得時にかかる費用の合計は8万6,000円です。

内訳

資格を更新する際に必要なコスト(サプリメントアドバイザーのケース)

この資格は5年ごとに更新する必要があります。資格更新時にかかる費用の合計は5万7,000円です。

内訳

サプリメント関連の資格

具体的にどのような資格があるのかみていきましょう。

サプリメント管理士

対象は、サプリメントや健康食品などを製造販売する一般的な販売員やスタッフ、そして食品衛生や健康維持・疾病の予防や治療などの仕事に関連する人たちです。知識を習得するだけでなく、キャリアアップにもつながります。NPO新生活普及協会の認定による資格です。

サプリメント管理士マスター

上述で紹介した「サプリメント管理士」を修了すると、その上級資格としての位置づけにある、こちらの資格の受験資格を得ることができます。試験内容は、課題テストおよびレポートの提出です。

サプリメントコーディネーター

サプリメントや栄養について、基本的な知識やそれぞれの目的に適した処方を学ぶことを意図してつくられた資格です。取得するには、課題テストとレポートを提出が必要。通信教育会社「株式会社日本フローラルアート」の認定による資格です。

栄養情報担当者

国民の健康維持や健康増進、食生活などに関するリサーチなどに加え、サプリメントなどをはじめとする健康食品の安全性等についての情報発信を行っている独立行政法人国立健康・栄養研究所。質の高いアドバイザーを養成する意図をもってつくられた資格です。

こちらの資格は取得後も更新する必要があるので、常に新しい情報に対してアンテナをはり続けましょう。

健康食品管理士

「医療の現場でも活躍できるアドバイザー」を養成することを意図してつくられた資格です。また、資格取得後も更新をする必要があるため、常に新しい情報を把握し続ける姿勢が大切です。臨床検査技師・薬剤師・管理栄養士を養成する大学関係者を中心に設立された、健康食品管理士認定協会の認定による資格です。

サプリメントアドバイザー(日本ニュートリション協会認定)

サプリメントをはじめとするさまざまな健康食品を摂取する方法などを、「ヘルスサポートコンシェルジュ」という立場から、正しくアドバイスするために必要な知識やスキルを身につけるための資格です。

取得するには、サプリメントアドバイザー養成講座受講後、課題テスト・レポートの提出が必要となります。サプリメント関連では、最も多くの取得者がいる資格です。資格取得後には、アメリカの最新情報が配信されるなど、手厚いサポートが魅力です。日本ニュートリション協会の認定による資格です。

サプリメントアドバイザー(日本サプリメントアドバイザー認定機構)

栄養について、臨床をベースとして考える医師や栄養士によって構成されている「日本サプリメントアドバイザー認定機構」により、質の高いアドバイスができるスタッフを育てることを意図してつくられた資格です。更新が必要となる資格なので、常に新しい情報に注目し、学び続ける姿勢が求められます。日本ニュートリション協会の認定による同じ名称の資格があるため注意しましょう。