転職するには?

肉体改造及びトレーニング指導のプロフェッショナルである、パーソナルトレーナーに憧れて転職したいと思ってる人もいるかもしれません。この記事では、パーソナルトレーナーに異業種から転職する方法について詳しく解説しています。

パーソナルトレーナーに必要なスキルを身に着ける 

トレーナーになるに転職イメージ画像

至極当たり前ですが、パーソナルトレーナーになるためには、パーソナルトレーナーに必要なスキルを身に着けなければなりません。以下に具体的なスキルを列挙しましたので、チェックしてみましょう。

トレーニングや健康増進、食生活の知識 

パーソナルトレーナーの仕事は、クライアントの肉体を健康的に強化して高めることです。そのため、トレーニングの仕方や健康増進、食生活の知識は絶対に欠かせません。良いトレーニングを施し、良い食事指導を行うこと、それがパーソナルトレーナーの務めです。

トレーニングメニューの立案能力 

クライアントに提供する肉体改造のための指導は、本人の目的や体質に合わせて、一人一人違ったオリジナルメニューに基づいて行います。よって、パーソナルトレーナーにはトレーニングメニューの立案能力も求められます。

コミュニケーション能力

パーソナルトレーナーはクライアントに対して一対一のマンツーマン指導を行います。従って、言葉の使い方や表現力、聞き取りなど、コミュニケーション能力も必須のスキルです。

パーソナルトレーナーに転職するなら養成スクールへ 

パーソナルトレーナーになるために必要なスキルは分かりましたが、ではスキルはどこで習得すればいいのでしょう。大きく分けて独学と養成スクールがありますが、異業種から転職する場合に近道となるのは、養成スクールです。その理由について詳しく説明します。

ポイントを抑えながら効率よくスキルが学べる

養成スクールでは、現役のパーソナルトレーナーやプロのスポーツトレーナーが指導を行っており、彼らはパーソナルトレーナーになるために必要なスキルを、効率よくポイントを抑えてレクチャーしてくれます。従って、独学よりもスクールに通ったほうが、早く確実にスキルを身に着け転職に繋げることができます。

仕事に役立つ実践的な知識が身に着く

パーソナルトレーナーの養成スクールは、スキルを生かして転職することを前提にしているため、基礎的な知識だけでなく、仕事に役立つより実践的な知識を身に着けることができます。そのためスクールに通えば即戦力になることができ、就職先が見つかりやすくなるというのもメリットです。

就職や転職の情報が入手しやすくなる

養成スクールには同じ志を持った人や業界の人も多くいますが、そういう人達と知り合い、交流し人脈を広げていけば、就職に関連した情報が得られる機会も増えるでしょう。どこかに転職するにしろ独立開業するにしろ、こうした情報収集は有利な転職をするためにとても重要です。

こうした理由から、パーソナルトレーナーに転職したい人には、養成スクールに通うことをおすすめします。