大学は出ないとダメですか?

今注目のパーソナルトレーナー。10〜20代の若い世代で目指している人が増えている傾向にあります。専門的な知識を必要とする職種ですが、パーソナルトレーナーになるためには大学を出なくてはダメでしょうか?

ここではパーソナルトレーナーを目指す人がどんな進路を選ぶべきかを調べてまとめています。大学に行くべきか?他の選択肢があるのか?迷っている人に参考にしていただければと思います。

まずは結論から!大学進学の必要はありません!

大学進学の必要性イメージ画像

結論から言うと、パーソナルトレーナーになるために大学進学の必要はありません。パーソナルトレーナーは国家試験や国家資格も不要で条件にも大学卒業は含まれていないからです。

ですから、高校を卒業してからそのまま目指してもよし!30代、40代で一念発起して転職してもよし!様々な人にパーソナルトレーナーになるチャンスがあります。

大学進学以外の選択肢は?

パーソナルトレーナーになるための大学進学以外の選択肢には養成スクールがあります。

注目されている職業だけにパーソナルトレーナー養成スクールは今日本全国に開校しています。「絶対にパーソナルトレーナーになりたい!」と思っている方に良い選択肢です。

パーソナルトレーナー養成スクールとは?

パーソナルトレーナーになるためのスクールは効率的に必要な知識や技能を学べるのが特徴。現役パーソナルトレーナーが講師だから大学や専門学校で運動系の学科よりもパーソナルトレーナーに活かせる濃い内容を学べます。

養成スクールに通えば未経験者でもパーソナルトレーナーとして活躍することが可能。通学は最低でも週一回程度で期間も短く、学校へ通いながらや仕事をしながらでも通えます。

大学と養成スクールの比較

大学進学した場合と養成スクールに進んだ場合をメリットとデメリットで比較してみます。

大学進学した場合のメリットとデメリット

メリット

  1. 大学卒業で取得できる資格がある(NATA-ACT、NSCA-CSCS、NASM-PESなど)
  2. 進路変更したくなった場合に助かる
  3. 夏休みや春休みを活用して現場実習ができる

デメリット

  1. 専門学校より学費が高い
  2. 専門以外の勉強も必要
  3. 自己管理をしっかりしないと単位取得できない

養成スクールに進んだ場合のメリットとデメリット

メリット

  1. 専門に特化した授業で効率的に知識を習得できる
  2. 現役パーソナルトレーナーからリアルな指導を受けられる
  3. 実技演習を十分に学べる
  4. 卒業時に資格取得や就職サポートがある
  5. 大学よりリーズナブルな学費で学べる
  6. 仕事しながら、学校へ行きながらでも通える

デメリット

なし!

パーソナルトレーナーになるためにオススメなのは?

パーソナルトレーナーになるには養成スクールがオススメです。なぜならば、短期間で効率的に学べて最も早く実践できるパーソナルトレーナーになれるからです。

また、最も専門的な勉強ができるにも関わらず、大学に行きながらや仕事をしながらでも通えるのがポイント。大学卒業しなくては取得できない資格も目指せるし、途中で進路変更も容易に可能です。

さらに養成スクールの授業を修了できれば、就職や資格取得のサポートも受けられるのでパーソナルトレーナーを目指すなら養成スクールが絶対オススメです!