インストラクターとトレーナーの違い

スポーツジムやフィットネスクラブで見かける、インストラクターとトレーナー。一見するとどちらも同じ職種に見えますが、それぞれ仕事内容や目的に大きな違いがあります。

そこで今回は、インストラクターとトレーナーの違いについて、分かりやすく解説していきます。

インストラクターの仕事

インストラクターは、野球やサッカー、水泳など主にスポーツの技術、専門知識を伝えながら指導していく仕事です。たとえばサッカーのインストラクターは、サッカーのドリブルやシュートなど、基礎的な技術や応用分野まで技術指導する方を指します。

インストラクターは、技術指導の他にも安全にスポーツを行えるよう安全指導はもちろん、健康管理に関するサポートも行います。

つまりインストラクターの仕事は、スポーツの技術向上を目指すためのトレーニングメニュー作成や技術指導です。

トレーナーの仕事

トレーナーは、アスリートなど運動を行っている方の運動能力向上につながる、筋力増強のトレーニングやダイエットなど、体づくりに関する指導管理を行う仕事です。

他にも健康な体づくりを目指している方や、リハビリを目的とした運動を行う方に向けて、適切なトレーニングや体の動かし方などサポートを行うこともあります。

主にスポーツ選手、運動機能や健康な体づくりを目指している方のサポートをしているのが、トレーナーといえるでしょう。

インストラクターとトレーナーの違い

続いては、インストラクターとトレーナーの違いを、カテゴリー別に確認していきましょう。

業務内容や目的

インストラクターとトレーナーの大きな違いは、前段でも触れたように業務内容および目的です。

インストラクターは、スポーツの技術向上のために専門的な知識を伝えたり、技術指導を行ったします。対してトレーナーは、身体機能の向上や健康な体作りをサポートするために、適切なトレーニングやリハビリ、健康管理などを行います。

このように技術と身体機能、大きく異なる部分の強化・能力向上をサポートしているのが、インストラクターとトレーナーの違いといえるでしょう。

これからインストラクターやトレーナーを目指す方は、自分がお客様・スポーツ選手に対してどのようなサポートをしていきたいのか、よく考えた上で職種を選ぶことが大切です。

仕事に関連する資格内容の違い

インストラクターとトレーナーは、どちらも業務に必須の資格はありません。しかし、業務に関連もしくは役立つ資格については違いがあります。

インストラクターの多くは、スポーツ指導者基礎資格をはじめヨガなど特定のインストラクター資格といったように、各スポーツの技術に関する資格を取得している傾向があります。

対してトレーナーは、身体機能や体の構造などの専門知識を身に付けられる、JATAC-ATCやNSCAといった資格を取得する人が多いです。また、トレーナーによっては、理学療法士や柔道整復師といった国家資格も取得している人もいます。

このように仕事に関連する・役立つ資格は、インストラクターとトレーナーで違うのが特徴です。

キャリアの積み方に一部違いもある

インストラクターとトレーナーは、どちらも高校から大学や専門学校に進学し、その後スポーツジムやフィットネスクラブに就職し経験を積みます。そして、経験や人脈などで準備ができれば、独立してインストラクターやトレーナーとしてアスリートやスポーツチームと契約します。

ただし、トレーナーの場合は、フィットネスクラブやスポーツクラブへの就職の他、治療院や整体院などへ経験を積んだのち独立することもあるようです。

まとめ

インストラクターとトレーナーは、仕事内容や目的に関して大きな違いがあります。

インストラクターは、スポーツの技術向上を目指して、技術指導や体力づくりに関するトレーニングメニューを計画します。対してトレーナーは、健康な体づくりやアスリートの健康管理をサポートするのが主な仕事です。

どちらも必須資格はありませんが、仕事に役立つ資格も多数あるのでキャリアを積みながら資格取得も目指してみてください。

まだ、どの仕事に就きたいか悩んでいる方は、今回の記事も参考にしながらインストラクター、トレーナーなど各職種を比較検討してみてはいかがでしょうか。