パーソナルトレーナーのつらさの原因とは?

パーソナルトレーナーは、やりがいがある仕事ではありますが、つらさを感じることもあります。どのようなときに、つらさを感じるのでしょうか?具体的な例をご紹介します。

パーソナルトレーナーのつらさの原因

パーソナルトレーナーがつらさを感じるときは、以下のようなケースです。業務内容から、独特の難しさがあります。

コミュニケーションが必要

パーソナルトレーナーは、コミュニケーションが非常に大切な仕事です。基本的には、1対1の仕事となり、個人的にアドバイスしたり、トレーニングのサポートをします。それで、どのようにコミュニケーションを取るのかは、相手の信頼を得るのか、それとも失うのかに影響します。

特に、スポーツ選手やアスリートのサポートするのであれば、信頼関係を築くことが非常に重要になります。パーソナルトレーナーとして、いつでもクライアントから信頼を得られるようにコミュニケーションを図る必要があるのです。

モチベーションをアップさせる

パーソナルトレーナーとして、クライアントのモチベーションをアップさせることも必要です。もしクライアントがスポーツ選手の場合には、思った結果がでなかったり、パフォーマンスが悪かったときに、安心させたり、励ましたりしなければいけません。精神的に難しいときに、パーソナルトレーナーとしてモチベーションを上げる言葉をかけるのが難しいと感じることもあるでしょう。

言葉かけの大切さ

スポーツ選手のサポートをしているなら、リハビリを頑張っている選手や、成績が上がらない選手のサポートをすることもあるでしょう。また試合前になると、チームや選手の雰囲気も異なることも考えられます。その場の雰囲気に合わせて、どのような声をかけるのか、判断力が求められるケースもあるでしょう。


結果を出すために考え続ける

パーソナルトレーナーは、年代も性別も体力なども異なるクライアントと接して、アドバイスしていく必要があります。身体の状態も違いますし、筋力も違うことでしょう。またスポーツ選手なのか、それでも身体を鍛えることが目的なのか、目標とすることも異なります。クライアントの目標の結果を出すために、いつも考え続けなければいけないのは難しさでもあります。