即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » 「パーソナルトレーナーになるには」マニュアル » パーソナルトレーナーを目指すなら見ておきたい
ブログやサイト
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » 「パーソナルトレーナーになるには」マニュアル » パーソナルトレーナーを目指すなら見ておきたい
ブログやサイト

パーソナルトレーナーを目指すなら見ておきたい
ブログやサイト

ATHLETEBODY

athletebody_HP画像

引用元:athletebody HP(https://athletebody.jp)

「体を鍛えるために何からすればいいか分からない」「ジムでトレーニングしても効果を感じない」という人向けに、体の鍛える際に役立つ情報を記載しているサイトです。 日本体育大学の準教授やスポーツドクターなど、専門的な知識や経験を持つ方々が記事を投稿。トレーニングだけでなく食事管理に関する記事も閲覧できるので、食生活の改善方法も分かるのが大きなメリットです。

S&Cつれづれ

S&Cつれづれ_HP画像

引用元:S&Cつれづれ HP(http://kawamorinaoki.jp/)

トレーナーだけでなく、セミナー講師やトレーナー・コーチ向けのコンサルタントも行っている河森直紀さんが運営しているサイトです。コンサルティングはマンツーマンで実施しており、遠方の人も利用できるようオンラインにも対応。持久力トレーニングやケガをしない身体づくりなど、トレーナーを目指す人だけでなく経験者も参考にできる情報が数多く記載しているのが特徴です。

FIT EVANGELIST

FIT_EVANGELIST_HP画像

引用元:FIT EVANGELIST HP(http://www.fitevangelist.com/)

最先端のスポーツ科学に関する情報を掲載しています。記載されている記事はケガの予防法や改善策、サプリの効果などです。特に「ケガ、痛みを取る」にカテゴライズされた記事が多く、肉離れやかかとの前あたりに痛みが走る筋膜炎などの記事が閲覧できます。再発防止や症状緩和について学べるので、ケガに関する情報を知りたいときにおすすめです。

Innervate The World!

Innervate_The_World_HP画像

引用元:Innervate The World! HP(https://innervate.exblog.jp/)

スポーツ医科学センターに勤め、ケガ予防や応急処置を行うアスレティックトレーナーとして活動する阿部さゆりさんが運営しています。海外の医療大学に勤務しているため、サイト内には海外のデータを参考にした記事がいくつもあるのが特徴です。記事には専門的な要素が含まれており、読み応えのある記事が多くあります。ケガや体の仕組みに対する理解を深められるでしょう。

DIETGENIUS

DIETGENIUS_HP画像

引用元:DIETGENIUS HP(https://dietgenius.jp/)

DIETGENIUSは間違ったダイエット情報を正しながら、効果的な方法を広めることをコンセプトに運営されているサイトです。 サイト内では栄養学や運動力学などのプロが協力して作成した、「8週間チャレンジ」というプログラムを記載。週ごとにプランが決められており、プランに関する解説もあります。自身が顧客のスケジュールを組む際の参考にできるだけでなく、アスリート向けの記事も複数投稿されているので多くの知識を吸収できますよ。

パーソナルトレーナーを目指すなら読んでおきたい雑誌

NEXT

NEXT_HP画像

引用元:NEXT 公式HP(https://www.fitnessclub.jp/next/)

クラブメンバーのトレーニング参加動向やクラブの利用傾向など、トレーナーに役立つ情報を載せているフリーマガジンです。複数のスポーツ関連団体に加盟している株式会社クラブビジネスジャパンが発行しており、PCやスマホなどデジタルブックにも対応しています。デジタルブックは気になった箇所をメモしたりマークしたりして、いつでも見直しやすいようにできるメモ・付箋機能付きです。

まとめ

紹介したサイトやブログは、実際にトレーナーとして活動している方々が記載しているものです。信頼性の高い情報ばかりなので、自身のスキルアップに役立てることができます。中にはトレーニング情報だけでなく、セミナーについて記載している記事も。

経験豊富なトレーナーが紹介しているセミナーであればさらなるスキルアップが望めるので、紹介記事を見つけたら積極的に参加することを検討してみると良いでしょう。