即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » パーソナルトレーナーになる前に知っておきたい業界事情
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » パーソナルトレーナーになる前に知っておきたい業界事情

パーソナルトレーナーになる前に知っておきたい業界事情

ここではパーソナルトレーナーという仕事の将来性や年収など業界事情について調査した結果を解説しています。

パーソナルトレーナーという仕事の未来

パーソナルトレーナー業界の現状と将来の予測についてまとめました。

将来性

近年、パーソナルトレーニングジムの数が増加し業界全体が盛り上がっていますが、将来もこの勢いが続くのか気になるところです。日本は高齢化社会を迎えましたが、実は60歳代以上のフィットネスジム会員の比率が年々上昇しています。

当然そこには幅広い年齢層に対応できる技術と対人スキルを持ったパーソナルトレーナーが求められます。今後は、さまざまな分野でAIが人に取って代わると言われていますが、パーソナルトレーナーは接客が必要なため、そう簡単にAIに職種を奪われることはないでしょう。

これから日本では国際的なスポーツの祭典も開催されることもあり、健康に対する関心もますます高まることが期待されます。パーソナルトレーナー業界は単に身体を鍛えるだけでなく、高齢化の進む社会全体を支える意義も持っているのです。

年収

パーソナルトレーナーが収入を得る手段としてはフィットネスジムなどで従業員として働く、フリーランスとして業務委託契約をする、プライベートジムを持ち開業するという3つが考えられます。

安定した収入を求めるなら従業員として働くことをおすすめします。年収は経験にもよりますが300万~350万程度が見込めます。業務委託契約の場合はセッションごとの報酬になるのでバラツキがあり年収は300万円~600万円くらいが予想されます。

独立開業はパーソナルトレーナーの夢かもしれませんが、リスクを伴うので失敗すれば年収ゼロということも考えられます。成功すれば年収1,000万以上も期待できますが、パーソナルトレーナー以外に経営者としての資質も問われます。

パーソナルトレーナーはモテる?

パーソナルトレーナーになると必ずモテるようになるという保証はできませんが、クライアントと恋愛関係になりやすいと言われています。それは独特の環境でトレーニングを行うことに関係しています。

トレーニング中は心拍数が上昇しますのでクライアントがトレーナーと一緒にいる時間はずっと心拍数が上がり、それが恋愛によるものと混同しがちになります。またそこには同じ目標に向かって一緒に頑張る連帯感もあります。

一方トレーナー側も同じ目標に向かって努力し、達成できた時の喜びを分かち合うことが恋愛感情に発展することがあります。また個室で二人きりのトレーニングというようなことがあれば恋愛を後押しすることになります。

パーソナルトレーナーの悩み

パーソナルトレーナーとして働いているなら、少なからず悩みを抱えることもあるでしょう。特にコミュニケーションが難しかったり、結果を出すことが求められたりする点で多くの方が悩むのではないでしょうか。しかし、その悩みの原因を突き止めることで、改善に繋げられる可能性はあります。パーソナルトレーナーとして抱える悩みや対処方法をまとめているので、少しでも悩み解決・解消へのサポートになれれば幸いです。

際どいボディタッチ・タッピングについて

パーソナルトレーナーにレッスンを受けているなら、際どい部分を触られるときもあります。不必要なボディタッチと思うかもしれませんが、トレーニングに必要なものです。ボディタッチすることで、トレーニングする筋肉を意識したり、必要なサポートを受けたりできるのです。この記事では、パーソナルトレーナーからレッスンを受けるときに際どいボディタッチを受けたときにできる対処法をご紹介します。

パーソナルトレーナーとして働いている方も、「このような捉え方・対処方法がある」ことを知ることで、より円滑にトレーニングを進める参考になるはずです。

フリーランスとしてのパーソナルトレーナー

フリーランスのパーソナルトレーナーとして働くなら自由に働ける反面、考慮すべきデメリットもあります。高収入も目指せるのですが、自分で集客したり納税したりする義務が発生するもの。個人事業主としてやるべきことが多くなるのです。この記事では、フリーランスのパーソナルトレーナーとして働く際に知っておきたいポイントをご紹介します。