即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » パーソナルトレーナーになる前に知っておきたい業界事情 » パーソナルトレーナーが際どい部分を触わる!?ボディタッチは必要?
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » パーソナルトレーナーになる前に知っておきたい業界事情 » パーソナルトレーナーが際どい部分を触わる!?ボディタッチは必要?

パーソナルトレーナーが際どい部分を触わる!?ボディタッチは必要?

自身の健康を考えたり、理想のボディを実現するためにパーソナルトレーニングに通う方も増えています。トレーニング指導を受けることで、より効果的にボディメイクができるためです。しかし、気になる点として、パーソナルトレーナーが際どい部分をボディタッチしてくるのではないかと考える方も少なくないでしょう。今回は、ボディタッチが本当に必要なのか解説いたします。

ボディタッチで意識しない部分を鍛える

結論から言うならば、ボディタッチは必要です。そして、ボディタッチがあることで、効果的なフォームになったり、鍛えたい筋肉を意識して使うことができます。ですので、ボディタッチは無意味にしているわけではなく、トレーニングや種目ごとによって決まっているのです。

トレーナーは何も意識していない可能性が高い

トレーニングの際のボディタッチは、専門用語ではタッピングと言います。タッピングを行う場所や回数などは種目によって決まっていること、またタッピングはお客様がストレスにならない程度に行うことが求められています。

また、トレーナーとしてはタッピングをしたからと言って、何かを考えているのではなく仕事の流れとしか思っていません。毎回気にしていると、仕事にもなりませんので、トレーナーはあくまでもどの筋肉をトレーニングしているのかを最重要視しています。

無駄に多いタッピングなら要注意

基本的なタッピングの方法として、手の甲で触れることが正しいやり方です。撫でるような触り方ではないので、もしタッピングの仕方が違うなどと思ったなら、注意が必要です。どのように触れられているのか、タッピングの方法がどうなのか見ておくと良いでしょう。

参考となる点として、タッピングは1つの部位で1回か2回位までがタッピングの量となります。際どい部分のタッピングでも、1回か2回ほどで終わることがほとんどです。しかしデリカシーが無い触り方なら、遠まわしでも直接的でも良いので、しっかりと伝えるようにしましょう。

ボディタッチが気になる場合の対処法

トレーナーからの際どいボディタッチが気になる場合にどのように対処できるのか見ていきましょう。基本的には、以下が対処法になります。

タッピングが気になることを伝える

まず最初に、タッピングが気になることをトレーナーに伝えましょう。トレーナーとしてもセクハラになってしまうと、問題になるので、はっきりと伝える方が良いでしょう。本当にトレーニングのことを考えているなら、タッピングを止めてくれたり、方法を変えたりしてくれます。

同性トレーナーに変えてもらう

別の方法として、同性トレーナーに変えてもらうことができます。パーソナルジムでも、女性トレーナーが在籍していることもありますので、変更できないかを聞いてみましょう。女性トレーナーは人気があることから、予約が取りにくい可能性はありますが、変更できる可能性は高いはずです。

同性からのタッピングであれば、身体に触れられることを気にせずにトレーニングに集中することができます。

まとめ

パーソナルトレーニングでは、鍛える部位を意識することから、少なからずボディタッチはあります。際どい部分を触られていると感じているなら、遠慮なくタッピングを止めて欲しいことを伝えられるでしょう。

また、伝えた上でも改善することなく、執拗なボディタッチを続けるなら、別のパーソナルトレーナー・ジムに変更することも考えてみましょう。