即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » パーソナルトレーナーになる前に知っておきたい業界事情 » フリーランスのパーソナルトレーナーとして働くメリットとデメリットとは
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » パーソナルトレーナーになる前に知っておきたい業界事情 » フリーランスのパーソナルトレーナーとして働くメリットとデメリットとは

フリーランスのパーソナルトレーナーとして働くメリットとデメリットとは

フリーランスという働き方は、企業に雇われたりせずに仕事をする方法です。個人事業主としてジムなどを契約したり、出張や派遣で個人にトレーニングの指導を行う人です。一見すると自由な働き方ですが、注意しておくべきポイントもあります。今回はパーソナルトレーナーとしてフリーランスとして働く際に知っておきたい点を解説します。

パーソナルトレーナーがフリーランスで働くとは?

フリーランスの個人事業主としてパーソナルトレーナーが働く場合には、大きく分けて2つの働き方があります。業務委託として働く、出張トレーナーとして働く、どのように働くのか、さらに見ていきます。

業務委託で契約して働く

業務委託して働く方法では、ジムやクラブと契約して業務を依頼されて働きます。ジムやクラブのスペースを借りて働く方法と考えるとイメージしやすいでしょう。

しかし業務委託を受けて働く方法では、求人が少ないという注意点があります。東京であっても、純粋なジムでトレーナーとして業務委託を受けるのは難しいでしょう。求人があったとしても、パーソナルトレーナーの経験やスキルから給与額を決めていくので、明確な収入が書かれていないケースが多いのです。

平均的な月収としては、正社員と同じほどになります。また完全歩合制の場合もあったり、月の最低月収がある店舗もあります。

出張トレーナーとして働く

出張トレーナーとして働く場合には、自宅に出張レッスンに行ったり、スポーツチームに派遣されて指導を行う方法です。パーソナルトレーナーの中では、ジムで出張トレーナーのみで収入を得る方もおられます。他には、ジムで働きながら、希望があったときのみ自宅に出張トレーナーとして働く方もおられます。

出張トレーナーの場合には、ジムなどに回収されないのでそのまま収入につながります。経費を減らせるので、自身の収入が増えるのです。また女性であれば、地域や女性に限定して集客することもできるでしょう。

パーソナルトレーナーがフリーランスで働くメリット

パーソナルトレーナーがフリーランスで働くメリットを確認しましょう。

自由に働ける

まずは、自由に働けるということがあります。クライアントや自身の都合に合わせて予定を調整することができ、自分の空いている時間に副業することもできるのです。ジムを開業している場合と異なり、常にジムにいる必要もないので、自由な時間が多いでしょう。

もちろんクライアントの都合に合わせる必要があるので、完全に自由ではありませんが、それでも常にオフィスにいる会社員と比較するなら自由度が多い働き方です。もちろん何か本業がある方でも、空いている時間を使って副業としてパーソナルトレーナーとして働くこともできます。

頑張りが収入に直結する

売り上げがそのまま自分の収入につながります。1時間当たりの費用を設定した額が、そのまま自身の収入になるので、頑張った分が収入になるのです。例えば、1時間5,000円にしているなら、1日セッションあると3万円になります。

1週間で5日稼働すると、一週間で15万円、30日で60万円の収入になります。経費があることを考えても、かなりの収入になるでしょう。

得意な分野を商品にできる

自分でレッスンをして指導を行うので、自分の得意な分野を商品にすることができます。もしこれがジムのスタッフとして働いているなら、自分のしたいレッスンにならないかもしれないですが、自分に自信があり、相手のトレーニングの助けになるレッスンや商品を紹介して指導できます。

パーソナルトレーナーがフリーランスで働くデメリット

パーソナルトレーナーがフリーランスとして働くにも、デメリットがあります。社員として働くなら、仕事の量や収入も安定していますが、フリーランスの場合では自分ですべて調節する必要があるのです。

収入が不安定になる可能性がある

まずは収入が不安定になることは、大きなデメリットになります。高収入になる可能性がある一方で、クライアントがいないのであれば、収入がなくなります。安定してクライアントがいるのであれば問題ありませんが、駆け出しの頃では安定した収入にするのは難しいでしょう。

パーソナルトレーナーという仕事は、副業としても働ける方法ですので、いきなりフリーランスとして働くのではなく、本業がありながらも副業として働きクライアントを獲得するのがおすすめです。

契約なども自分でしなければいけない

ジムなどで働いているなら、契約などはジムが用意している書類にサインをしてもらうのみでしょう。しかしもしフリーランスとして働くなら、契約する際の書面なども自分で用意する必要があります。書式があるなら、簡単に作ることができますが、どのような内容を含めるのかよく注意する必要があります。

集客や申告も自分でしなければいけない

集客や申告もすべて自分でする必要があります。もし学んだスクールなどでコンサルティングしてくれるならそこで学べますが、基本的には自分で集客し売り上げを管理し、納税するところまでしなければいけません。

記帳などに関しては外注することもできますので、売り上げが大きくなってきたりするなら必要以上に記帳作業に時間が取られないようにしましょう。駆け出しの頃は自分でできるかもしれませんが、規模が大きくなるなら外注できるようにしておきましょう。

まとめ

パーソナルトレーナーとしてフリーランスで働く場合には、メリットがある反面、デメリットがあるのが特徴です。ジムで業務委託として働いたり、出張トレーナーとして働くと、自由に働けるのですが、安定した収入にならない可能性があるのを覚えておきましょう。

パーソナルトレーナーになるためにスクールに通うなら、卒業後に独立してどのように働けるのか、また集客方法までマーケティングのスキルも教えてくれるスクールもあります。もし独立することを考えているなら、パーソナルトレーナーとしてマーケティングする方法も学べるスクールに通うことも検討できるでしょう。