中卒でも取得可能な資格はある?

中卒でも取得可能な資格イメージ画像

中卒でも取得可能な資格としては、パーソナルトレーナーがおすすめです。パーソナルトレーナーは、ダイエットやボディメイク、トレーニングや食事に関するアドバイスを行う肉体改造のスペシャリストです。この記事では、中卒でも取得可能なパーソナルトレーナーについて紹介します。

知識やスキルの習得は必要だがパーソナルトレーナーは中卒でもなれる

パーソナルトレーナーの特徴の一つは、学歴を問われないということです。高卒以上・大卒以上など、資格によっては一定の学歴が必要になる場合もありますが、パーソナルトレーナーに関しては学歴を問われない、つまり、義務教育以上でなることができます。従って、中卒の人が資格取得を考える際は、ぜひパーソナルトレーナーになることを検討してみるといいでしょう。

もちろん、サービスを提供して対価を得るのが仕事なので、対価に値するサービスを提供するためのスキルを身に着ける必要があります。すなわち、パーソナルトレーナーに求められる知識やスキルを習得することです。

中卒でも取得できるパーソナルトレーナー3つの資格

学歴に問われずに取得できる、パーソナルトレーナーになるための資格を3つご紹介します。

以下の3つです。

順番に解説していきます。

NSPA-CPT

NSPAはアメリカの団体で、トレーニングやテクニックといった技術を教育している機関です。取得する過程で、実技による指導を重視しているコースを用意していることが特徴の一つです。学歴問わずに取得ができるので、中卒で社会人になってからの転職や、高校や大学に在学中でも検討できます。また、実技に重きを置いているので、知識だけじゃなくちゃんとしたテクニックを身につけたい方にもおすすめです。会場は東京と神戸で年に2回開催されます。

ホリスティックコンディショニング(JHCA)

これは日本ホリスティックコンディショニング協会が行っているもので、JHCA-FC、JHCA-HC、JHCA-HCADの3 種類の資格があります。FC→HC→HCADの順でランク分けされているので、自分の現状に合った試験を選ぶことができます。身体に関する知識と技術を、よりストイックに追求していきたい方におすすめです。

CFSC-Level1

CFSCはNSPAと同様に実技による指導を重視しているコースを用意しているという特徴があります。その最大のポイントは、16歳以上であれば誰にでも受験資格があるということ。最終学歴が中卒の社会人はもちろんですが、高校生でも取得が可能なので、部活のコーチなどをやりたい方にもおすすめできます。

中卒でパーソナルトレーナーになる近道はスクールに入ること

中卒でパーソナルトレーナーになることを目指す人におすすめなのは、養成スクールに入ることです。養成スクールに入れば、短期間で効率よく知識とスキルを習得することができ、就職支援を受けたり、人脈を作ったり、副次的なメリットも多いからです。直接ジムの社員になれば形の上ではパーソナルトレーナーになれますが、実力の伴う本物のパーソナルトレーナーになりたいなら、養成スクールに入るのが近道です。ちなみに、養成スクールは大学や専門学校より授業料が安く、低コストで技能が習得できるのも魅力です。