即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール 就職率・資格取得率でみるパーソナルトレーナー養成スクール
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » 「パーソナルトレーナーになるには」マニュアル
即戦力になるためのパーソナルトレーナー資格取得ガイド » 「パーソナルトレーナーになるには」マニュアル

「パーソナルトレーナーになるには」マニュアル

ここではパーソナルトレーナーになるにはどんなことが必要になるのか、よくある質問と回答をまとめました。

ここが聞きたい!パーソナルトレーナーになる方法

パーソナルトレーナーを目指す際に知っておくべき基礎知識をまとめました。

トレーナーになるにはイメージ画像

目次

パーソナルトレーナーになるための疑問を解消

適性はあるの?

パーソナルトレーナーはクライアントや選手の体だけでなくメンタル面も考えながら、思いやりを持って冷静にアドバイスできる人が向いています。相手の年齢層も幅広いので知識や技術に加えてコミュニケーション力が必要です。

パーソナルトレーナーに適性はあるの?

独学でもなれる?

独学でもパーソナルトレーナーになれます。しかし知識だけあっても実技指導のスキルなしではパーソナルトレーナーは成り立ちません。特にセッション実技は独学では難しいためスクール等で学ぶことをおすすめします。

パーソナルトレーナーは独学でなれる?

未経験でもなれる?

極端なことを言えば「私はパーソナルトレーナーです」と宣言すれば未経験でもなれます。しかし職業として成立させるためには運動処方、栄養処方、コーチングなど多くの知識や技術を習得しておかなければなりません。

パーソナルトレーナーは未経験でもなれる??

面接はあるの?

独立して開業するのではなく、どこかのジムやスポーツ施設のスタッフとして働く場合は面接があります。パーソナルトレーナーに限らず面接の際に重要となるのは志望動機です。ありきたりではない自己アピールができるよう準備が必要です。

パーソナルトレーナーに面接はあるの?

副業はできる?

副業は可能です。実際に平日はサラリーマン、土日はパーソナルトレーナーという人もいます。一定の収入を確保しながらできるのが副業のメリットですが、副業可能な会社であることが条件でアルバイト的に働く場合は経験も必要です。

パーソナルトレーナーは副業でできる??

独立するには?

自らパーソナルトレーニングジムを開業するためにはスペースの確保と設備機材が必要になります。個人事業主としてフリーでやるにしても税務署に開業届が必要で、トレーナーとしての知識だけでなく営業や会計業務などすべて自分で行うことになります。

パーソナルトレーナーとして独立するには?

転職するには?

パーソナルトレーナーに転職するには、肉体や健康の知識、トレーニング指導や食事指導など、パーソナルトレーナーに欠かせないスキルを身に着けることです。スキルは独学よりスクールに通ったほうが効率よく修めることができ、転職の近道になります。

パーソナルトレーナーに転職するには?

留学は必要なの?

最先端の資格取得や自身のスキルアップのために留学する人も多くいますが、留学には高水準の語学力と高額な費用がかかることを理解した上で、決める必要があります。国内のスクールでスキルアップを目指すのもおすすめです。

パーソナルトレーナーに留学は必要なの?

大学は出ないとダメですか?

パーソナルトレーナーは国家資格や国家試験がないため、学歴の条件はなく大学を出なくてもなれます。ただし、大学卒業していないと取得できない資格もあります。すぐに実践できるパーソナルトレーナーになるにはより専門的な知識や実技を学べる養成スクールがおすすめです。

パーソナルトレーナーは大学を出ないとダメ?

業務委託とは?

パーソナルトレーナーの業務委託とは、個人事業主として独立開業し、フィットネスジムなどと業務委託契約を結んだ上でパーソナルトレーナーの仕事を行うことです。ジムの社員としてではなく、フリーの立場で仕事をするところがポイントです。

パーソナルトレーナーの業務委託とは?

パーソナルトレーナーの1日のスケジュールとは?

パーソナルトレーナーは、自分で働く時間を決めることができ、自分が担当したセッションがそのまま収入につながる仕事です。だからと言って、手放しに自由に働いているかというとそうではありません。セッション以外での業務も多く含まれています。パーソナルトレーナーが起床してから、セッションを担当するまで、またその他の業務をどのようにこなしているのか、1日の業務内容をご紹介します。なかなかイメージしづらいなと感じている方はぜひチェックしてみてください。

パーソナルトレーナーの1日のスケジュールとは?

パーソナルトレーナーに年齢制限はある?

年齢をある程度重ねたタイミングでパーソナルトレーナーを目指す方なら、制限があるのかと気になる方もいるでしょう。高校を卒業したタイミングではなく、社会人として働いてから、パーソナルトレーナーとして働きたいと思う場合もあるはず。しかし、パーソナルトレーナーに年齢は関係ありません。パーソナルトレーナーには、若い人しかなれないのではなく、意欲や健康に対する意識が必要です。なぜそのように言えるのか、パーソナルトレーナーが年齢に左右されない理由をご紹介します。

パーソナルトレーナーになれない年齢はある?

パーソナルトレーナーがやりがいを感じる時とは?

パーソナルトレーナーは、やりがいがある仕事です。自分で働く時間を決められるほかに、クライアントが抱えている課題をクリアし、成長を見届けたりサポートできたりすると、満足感を感じることでしょう。このようにやりがいを感じる仕事はたくさんありますが、なぜパーソナルトレーナーもやりがいがあるのか、業務内容の例と共にご紹介します。

パーソナルトレーナーがやりがいを感じる時とは?

パーソナルトレーナーのつらさの原因とは?

クライアントの課題に寄り添うという、やりがいがある反面、パーソナルトレーナーとして働くときにつらさを感じることもあります。パーソナルトレーナーという、人と人との関係が重要な業務が多いからこそのつらさ・悩みがいったいどのようなことなのかまとめました。

パーソナルトレーナーのつらさの原因とは?

パーソナルトレーナーにとって大切な勉強とは?

プロのパーソナルトレーナーになってからも、自らの価値をさらに高めていくことが大切です。そのためには、ちょっとした空き時間などを有効に活用するのがおすすめです。本やネットから知識を深め、可能であれば自分の身体で試してみると、その知識が頭に入りやすくなります。また、現場で実践を積みながら新たに学べることも多いはずです。特に、クライアントが求めているものを理解し、質の高い指導を提供ためには、コミュニケーション能力を磨き続けることが重要だと強く感じるはずです。

パーソナルトレーナーにとって大切な勉強とは?

ダメなパーソナルトレーナーにならないためには?

顧客から「ダメなパーソナルトレーナー」と思われることは避けたいものです。自分のスキルや経験、知識に自信があったとしても、重要な点が欠けていると、顧客からそう思われてしまう可能性があります。ダメなパーソナルトレーナーとみなされないために、押さえるべきポイントを確認しましょう。

ダメなパーソナルトレーナーにならないためには?

出張型パーソナルトレーナーのメリットは?

パーソナルトレーナーは、ジムなどの店舗に来店してもらって顧客にサービスを提供する「店舗型」と、顧客の自宅などに訪問して指導する「出張型」の2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、ここでは「出張型」に絞って解説。出張型パーソナルトレーナーは、どのような人が適しているのでしょうか。

出張型パーソナルトレーナーのメリットは?

パーソナルトレーナーにはレンタルジムがおすすめ?

特定のジムと契約したり、自分のジムを開業したりするのではなく、フリーのパーソナルトレーナーとして活躍していきたいと考えているのであれば、レンタルジムの活用をおすすめします。経済的なリスクの少なさや集客力が高そうな物件の利用、あるいはクライエントのニーズへの対応のしやすさなど、多くのメリットを得られるからです。

パーソナルトレーナーにはレンタルジムがおすすめ?

スポーツジムのアルバイト採用に合格するには?

いくつかのポイントをおさえておけば、面接官に好印象を与えることができます。「健康的な見た目やさわやかな雰囲気」「丁寧な字で書かれた記入ミスのない履歴書」「この人ならうちのスポーツジムに貢献してくれるだろうと思ってもらうための積極姿勢」など、面接に合格するためのポイントについて詳しく説明しています。

スポーツジムのアルバイト採用に合格するには?

スポーツトレーナーとインストラクターの違いとは?

いずれも、アスリートがよりよいパフォーマンスをするためのサポートをする仕事です。違いが分かりにくいと感じている人のために、それぞれの仕事について、詳しく説明しています。具体的な仕事内容や働き方の他、ぜひ取得しておきたい資格についても紹介しています。どちらの仕事を選ぶ場合にも、より幅広く活躍するためには、ぜひおさえておきたいポイントばかりです。

スポーツトレーナーとインストラクターの違いとは?

パーソナルトレーナーの仕事内容

そもそもパーソナルトレーナーとは?

パーソナルトレーナーとは、マンツーマンでトレーニングを指導する人を指します。運動指導や食事指導を通して、クライアントが設定した目標達成を手助けするのが仕事です。

クライアントの目標達成をサポートする

パーソナルトレーナーの主な仕事は、クライアントの「こうなりたい」に応じたトレーニングプランを作り、目標達成へと導くことです。

例えば、一口に「ダイエットがしたい」といっても、クライアントの状況はさまざま。美容のためにダイエットをする人もいれば、「健康診断で引っかかったので痩せたい」という人もいるでしょう。

パーソナルトレーナーは、一人ひとりに合わせて適切なトレーニングメニューを組み、クライアントの期待に沿うような結果を出すことを求められます。いわば、クライアントの目標達成をサポートする仕事です。

メンタルケアはパーソナルトレーナーならではのサポート

的確なトレーニング指導ができることも大切ですが、より高い成果を上げるためには、「いかにメンタル面をケアできるか」がカギです。せっかくトレーニングメニューを組んでも、クライアントがその通りに身体を動かしてくれないと成果には結びつきません。

ただ身体を動かすだけなら、お客様自身がフィットネスジムでトレーニングスキルを学び、その通りに身体を動かすだけで良いでしょう。本人が自主的に努力しさえすれば、理想の体型を手に入れられるはずです。しかし、目標達成までの道のりは苦しいもの。ましてや、身体を動かした経験が少ない人にとっては、「身体を動かし続ける」ことそのものがハードルの高いことです。

トレーニングの続けるうちに、クライアントの気分が落ち込むこともあるでしょう。その時に当初の決意を思い出させ、鼓舞し、モチベーションを上げてくれる存在がいたら、どれほど心強いでしょうか。これこそ、画一的に身体を動かすだけでは得られない、パーソナルトレーナーならではの魅力です。

パーソナルトレーナーに資格は必要?

実は、パーソナルトレーナーになるために必須の資格はありません。「私はパーソナルトレーナーです」と名乗れば、誰でもなることができます。

しかし、パーソナルトレーナーには運動指導、栄養指導、あるいはコーチングのスキルが欠かせません。それ相応の知識を持っているか測る指標のひとつとして、「資格」を採用の条件にしているフィットネスジムもあります。

いくつかの団体が資格を出していますが、代表的なものは以下の3つです。

NSCA-CPT

NSCA-CPTの特徴

NSCA-CPTは、「全米エクササイズ&コンディショニング協会」(NSCA)が管理する「認定パーソナルトレーナー」(CPT)の資格です。国際的に通用する資格で、日本国内でも認知度が高く、パーソナルトレーナーやスポーツ指導者、理学療法士、柔道整復師などが、スキルアップや技術の証明のために受験しています。

取得することで、トレーニング、動機付け、コンディショニング全般の指導ができる専門的能力を有していることが証明されます。

NSCA-CPTの資格条件

NSCA-CPTの資格を得るには、基本条件として以下の点を満たしている必要があります。

NSCAジャパン会員になるために入会金は不要です。ただし「年会費」として、正会員は「1万3,200円」、学生会員は「1万1,000円」を1年目から毎年負担する必要があります。申込方法は、公式WEBサイトか郵送です。

上記の「有効なCPR/AEDの認定者」というのは、CPR(心肺蘇生法)の講習や、AED(自動体外式除細動器)の使い方に関する講習を受講して、認定証の発行を受けた人を指します。

講習は、日本赤十字社やMFA JAPAN、消防署などが実施しているものです。NSCA-CPTの資格を得るには、このCPR/AED講習の認定証のコピーを提出することが求められます。これらの条件を満たしたうえで、NSCA-CPT認定試験に合格することで、資格を取得できるのです。

NSCA-CPTの難易度

難易度の目安となる合格率は、公式サイトによると「約65%」です。2019年の合格率は「78.9%」でした。

エクササイズサイエンスや栄養学に関する「基礎科学セクション」と、プログラムデザイン、エクササイズテクニック、組織と運営、テストと評価に関する「実践/応用セクション」の2つのセクションがあり、両方のセクションで70点以上を獲得することが条件です。

参考:NSCAジャパン公式サイト(https://www.nsca-japan.or.jp/06_qanda/certif.html)

NSCA-CPTを取得した人の口コミ

NESTA-PFT

NESTA-PFTの特徴

NESTA-PFTは、「全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会」(NESTA)が認定する「パーソナル・フィットネス・トレーナー」(PFT)の資格です。こちらも国際的に通用する資格で、日本国内でも多くのトレーナーが取得しています。

NESTA-PFTの有資格者は、人体に関する専門知識だけでなく「実践的」な技術があり、パーソナルトレーナーをビジネスとして成功させるためのスキルも持ち合わせていることが証明されます。

NESTA-PFTの資格条件

NESTA-PFTの資格を得るには、基本条件として以下の点を満たす必要があります。

「PFTテキスト」は、公式サイトで購入可能です。「CPR/AEDの技能」については、講習を受講した証明書などの提出は不要ですが、「定期的なトレーニングを積んでいる」ことが求められています。

「NESTAが認定する教育カリキュラム」とは、「ヒューマンアカデミー スポーツカレッジ」で提供されている教育プログラムです。また、実務経験や学歴に関して、以下の3つのいずれかを満たしていない場合は、NESTAの主催する養成講座の会場に行って「ゼミ」を受講するか、オンラインで「WEB通信教育」を受講する必要があります。

受験の申込は、公式WEBサイトで受け付けていて、ゼミやWEB通信教育を受ける「ゼミコース」「WEBコース」か、それを受けない「ダイレクトコース」の3種類から選択可能です。

NESTA-PFTの難易度

公式の資料によると、合格率は「50~60%」です。

試験日程の1日目は、8時間の「事前講習」があり、試験対策としての総復習をする機会があります。2日目に認定試験を受け、全125問中100問正解(正答率80%)で合格。試験問題は4択の選択式のみです。

合格率が低いように見えますが、問題は全て選択式で、事前講習でしっかり復習できるので、しっかり取り組むことで合格しやすい仕組みになっています。

参考:NESTA PFT受験・受講申込に関して[PDF](https://www.nesta-gfj.com/files/matome.pdf)

NESTA-PFTを取得した人の口コミ

JATI-ATI

JATI-ATIの特徴

JATI-ATIは、「日本トレーニング指導者協会」(JATI)が管理する「認定トレーニング指導者」(ATI)の資格です。JATIが管理するトレーナー資格は3種類あり、ATIはその中でも、最も基礎的な資格に位置づけられています。上位の資格は、AATI(上級トレーニング指導者)と、SATI(特別上級トレーニング指導者)の2つです。

資格を取得することで、科学的根拠に基づくトレーニングメニューを作成し、指導するための知識を習得したことが証明されます。

JATI-ATIの資格条件

JATI-ATIの資格を取るには、まずJATIに入会し、個人正会員になる必要があります。入会するには、公式HPの入力フォームから必要事項を入力し、年会費1万円(税抜)を指定口座に振込むだけです。

次に毎年8月ごろに開催される「養成講習会」に参加します。講習会は「一般科目」と「専門科目」の2種類があり、各2日間、合計で4日間です。NSCA-CPTなど所定の資格を持っている場合、講習会が免除されることもあります。

最後に認定試験を受験し、一般科目と専門科目の両方に合格すれば、JATI-ATIの資格がもらえるという流れです。

資格の有効期限は5年で、更新するにはJATIの主催する講習会に参加するなどして「継続単位」を取得し、合計15単位をもらう必要があります。講習会の種類はいくつかありますが、およそ1時間受講すると1単位として換算される仕組みです。更新登録料として2万円(税込)の支払いも求められます。

JATI-ATIの難易度

JATI-ATIには実務経験などの条件がなく、講習会を受けることで受験できるため、ハードルは低いといえます。「一般対象」試験の合格率は毎年「80~90%」ほどです。

試験には、講習会を受講した人や有資格者が受験する「一般対象」の試験と、「養成校・養成機関対象」の2種類がありますが、後者の合格率は「50~60%」と、低くなっています。

その理由として、養成校・養成機関対象試験には学生が含まれていることが影響していると考えられます。そのうえ養成講習会が免除されていることも関係しているでしょう。

つまり、しっかり養成講習会を受講して、まじめにテストに臨むことで、スムーズに合格しやすい資格なのです。

参考:JATI-日本トレーニング指導者協会-(https://jati.jp/license/passrate.html)

JATI-ATIを取得した人の口コミ

JATI-ATIを受験し、合格した人の口コミ情報は見つかりませんでした。

もっとも有名なのはNSCA-CPTで、多くのスクールが資格取得をサポートしています。

厳密に言えば、パーソナルトレーナーには資格が必要ありません。しかし、自分がどれくらい専門的な知識を持っているのかを明確にできるうえ、就職先でのアピールポイントにもなるので、ぜひ資格取得を目指してみてください。

資格取得を目指せるパーソナルトレーナー専門スクールを探す

どんなパーソナルトレーナースクールがあるの?

2ndPASS

未経験者へのサポートが充実

「座学」と「実技」。これら2つのカリキュラムを、トータル88時間かけて行っています。パーソナルトレーナー関連のスクールに通ったり仕事に携わったりした経験がない人でも、あせらずしっかりと学べるように組まれています。

苦手であったり、あるいはまだ習得できていない学習内容については、復習や反復を徹底し、必要なスキルをまんべんなく身に付けることが可能です。

スクールで学びながら実務にもチャレンジできる

全国405店舗の企業と提携している2ndPASS(※)。そのため、カリキュラムを学んでいる途中であっても、スクールで一定以上の成績をおさめている場合は、パーソナルトレーナーとして、現場で実際の業務を経験することができます。

このように、インターン制度を取り入れているため、スクールですべてのカリキュラムを終える時点までには、「即戦力」を身に付けている状態となります。スムーズに仕事でスキルを発揮できる状態だといえます。

(※)参考元:2ndPASS公式HP(https://2ndpass.jp/school/)

独立開業を目指している人にもおすすめ

スクールの生徒のために行っている、パーソナルトレーナーとして活躍するための就職先をみつける体制が充実しています。また、就職先を見つけて雇用される場合に比べ、より多くの準備やノウハウが必要不可欠となる「独立開業」を目標としている生徒に対しても、同様にしっかりと支援を行っています。

「エージェント」や「総合キャリアアドバイザー」などのスタッフが、履歴書の書き方や面接の対策、企業情報、入学から卒業した後の進路などに関して、しっかりとサポートをしています。たよれるスタッフがそろっているスクールです。

nano

パーソナルトレーナー養成コースは2種類

パーソナルトレーナーになることを目指す生徒は、それぞれの目標に合わせて、2つのコースから選ぶことができます。「レベル1入門編」では、筋肉の状態をどのように確認したらよいのか、そのチェック方法と、ストレッチおよびトレーニング方法を学ぶためのコースです。「機能解剖学をベースとした指導をするためのスキル」を身に付けることができます。

また、「レベル2動作改善編」では、スポーツパフォーマンスを向上したり、身体の慢性的な痛みなどを和らげたりなくしたりするための指導に必要なスキルを、身に付けることができます。

実践的な指導を受けられるスクール

現役で活躍中のパーソナルトレーナーが生徒の指導を行っています。しかも、マンツーマンスタイルの指導であるため、座学や実践実技のいずれにもかたより過ぎず、ひとりひとりの生徒にとって、バランスのよい内容の授業を受けられるのが特徴です。

「人体の動きや姿勢を正確に見抜く力」を磨くことを大切に考えた指導方法が特徴です。そのため、現場で問題なくスキルを発揮できる、実践力のあるトレーナーになることができます。

ライフスタイルに合わせて通学できる

nanoでは、7:00から21:00までの長い時間帯で養成コースに対応しています。そのため、1日あたりのレッスン時間をあまり多く確保できない人でも、レッスンを短時間にし、その分、通学する回数を増やすことができます。また、土曜日曜も営業しています。

生徒それぞれがライフスタイルに合うスケジュールを組み、問題なく学習を続けることが可能です。

REFORT

講師陣が充実している

REFORTでは、実力派のトレーナーから指導を受けることができます。全米公認のパーソナルトレーナーや理学療法士、NSCS認定トレーナーや大型のフィットネスクラブの研修を担当していた講師など、現場に詳しい講師や国家資格を有している講師などがそろっています。さまざまなタイプの顧客に対して月間150を超えるセッションをこなしている人気のプロフェッショナルでもあります。

充実した内容の実技指導を受けるだけでなく、深い知識を身に付けることもできるスクールです。

整体も併せて学べる

トレーニングの中に、整体を導入しているのもREFORTの大きな特徴です。トレーニングにおいて、より高い効果を得たい場合に有効な方法です。

整体のスキルがあれば、身体が歪んでいたり、ありは骨盤に問題がある場合など、それらを改善・矯正することが可能になります。より高いクオリティーのサービスを提供できるトレーナーの養成を目指しています。

パーソナルトレーナーとしての幅を広げられる

ダイエット心理士や管理栄養士による特別セミナーが随時開催されていので、積極的に参加してみるのもおすすめです。

パーソナルトレーナーとして活躍するためのスキルのみならず、他の分野における知識も深めていくことで、トレーナーとして、トータルのスキルアップを目指せます。

Drトレーニング

高い就職率

こちらのスクールでは、2019年に一般社団法人「パーソナルトレーナー協会」により行われた調査(※)からもわかるように、「希望者の98%が就職している」という高い数字をたたきだしています。

その理由として、ジムなどをはじめとする就職先から、Dr.トレーニングの卒業生のスキルがしっかりしていると認知されていることがあげられます。卒業生に対して、ジムのほうから就職のスカウトが来るケースもあります。

(※)参照元:トレーナーエージェンシー公式HP(https://www.trainer.agency/lp/drtraining/)

国家資格を取得している講師から学べる

プロフェッショナルの頼れる講師陣がそろっていることもDrトレーニングの大きな特徴です。アメリカの国家資格であるNATA ATCの資格を取得した講師の指導を受けられます。

そのため、生徒はあまり長過ぎる時間をかけずに、スピーディーにプロレベルのトレーナーになることが可能です。「技術」と「知識」の両面において、充分なスキルを身に付けられます。

資格取得に有利なスクール

「せっかくスクールで学ぶのだから、NESTAやNSCAといった有名な資格を取得しておきたい」という人も少なくないのではないでしょうか。Drトレーニングなら、国際資格を取得した講師によるサポートで、そういった資格を取りやすい環境が整っています。

また、このスクールでしか取得できない「卒業認定資格」を得られる点にも注目です。これは、全国的な知名度があるスクールだからこそ、就職などの際にプラスに働くメリットのある資格だといえます。

JOTスポーツトレーナー学院

NESTA JAPAN認定スクール

JOTスポーツトレーナー学院は、NESTA JAPANの認定校です(※)。NESTA PFTを取得するためのクラスは、こちらのスクールの校長を務めている高津先生が担当しています。生徒が資格を取得できるように、手厚いサポートを受けることができます。

就職先をさがす際場合だけでなく、あるいは将来的に独立開業を考えている場合にもプラスに働く資格なので、ぜひ取得しておきたいところです。

(※)参照元:NESTA JAPAN 公式HP(https://www.nesta-gfj.com/nesta/school.html)

オンライン授業も選択できる

パソコンやスマートフォンなどを利用して、家にいながら「オンライン授業」を受けることができます。オンライン授業であっても、わからない項目などを質問することが可能です。座学を自宅で学びたい人や、通学することなく資格を取得するための勉強をしたい人などにおすすめです。

充実の就職サポート体制

生徒がしっかりと活躍できるようにするための「就職サポートシステム」があります。生徒ひとりひとりに対して、将来の希望や計画などをていねいにヒアリングしていきます。

そのため「何となくの夢はあるけれど、具体的にどういった現場で働きたいのかがわからない」という状態の生徒に、進路に関して的確なアドバイスや提案をすることが可能です。

パーソナルトレーナーの働き方の違い

パーソナルトレーナーの働き方には、大きく分けて3種類あります。

1つ目は、トレーニングジムやフィットネスクラブで働くこと。2つ目は、フリーランスとしてパーソナルトレーナーの業務委託を受けること。3つ目が、独立開業して自分のジムを持つことです。

フィットネスクラブやジムで働く

求人に応募し、フィットネスクラブやジムでスタッフとして働く方法は、多くのパーソナルトレーナーが選ぶ道です。現場経験がなくても採用してくれるジムもあるので、未経験者に向いている働き方と言えるでしょう。

ジムにはさまざまな年代・性別のお客様が来るので、幅広い経験を積む場として最適です。また、ジム側で集客をするので、お客様を集めるための活動をする必要がありません。正社員でもアルバイトでも収入が安定しており、福利厚生を受けられるという点もメリットです。

フリーランスとして働く

フィットネスクラブやジムと業務委託契約をするフリーランスという働き方もあります。

委託契約を結ぶには、自分の実力とコネクションを頼りにフィットネスクラブやジムと話をつける必要があるため、ある程度経験を積んだパーソナルトレーナーにおすすめです。

フリーランス最大のメリットは、自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるところ。1日に数時間だけ働く、不定期で休みたいといった希望が叶います。他のトレーナーと関わる機会も少ないので、トレーナー同士の人間関係で悩みたくないという人も、フリーという働き方が向いているでしょう。

独立開業して働く

働き方を問わず、パーソナルトレーナーとして独立開業を目指している人も多いのではないでしょうか。

独立開業をするメリットは、すべてを自分で決められる自由さです。自分のジムを建てても良いですし、自宅でトレーニング指導をしてもOK。自分が理想とする空間やサービスを0から考える楽しみもあります。パーソナルトレーナーとしての実力や経営スキル、コネクションに自信がある方なら、うまく軌道に乗せることができるでしょう。

福利厚生や研修といった、会社から受けられるサポートはありませんが、収入に上限がないという点は大きなメリット。工夫次第では、大きな利益を得られるチャンスがあります。

大手のジムで働くには?

パーソナルトレーナーに必要な要素と知識

資格なしでもなれるパーソナルトレーナーですが、実際に仕事を受けるとなると、さまざまな要素が求められます。パーソナルトレーナーに必要な要素とは、一体なんなのでしょうか。こちらでは、パーソナルトレーナーに必要な3つの要素を紹介します。

大切な3つの要素

人間的な魅力

的確なトレーニング法の指導ももちろん大切ですが、パーソナルトレーナーにとって必要なのは人間的な魅力です。

トレーニングの知識やスキルも重要ですが、まずはクライアントに心を開いてもらうことが大切。どれだけ実力があっても、悪い印象を持たれたら次のセッションは望めません。

その点で、パーソナルトレーナーはいわば接客業と言えるでしょう。接客業はお客様に満足してもらうことが仕事ですが、何よりも不快にさせないことが大切です。

接客業に大切な要素は、見た目・声・言葉遣いだと言われています。これらがすべて好印象であれば、人は相手に対して人間的魅力を感じるそうです。

特に見た目は、第一印象を決定付ける重要な要素。笑顔を絶やさず、清潔感のある恰好をし、姿勢をピンと伸ばせば相手の印象はグッと良くなります。

人間的魅力にあふれた人だと覚えてもらえれば、おのずと指名も入ってくるでしょう。クライアントと打ち解け、「接しやすくていい人だ」という評価をもらって、初めてパーソナルトレーナーとしての実力が求められるのです。

コネクションを持とう

トレーナーの世界は、コネクションの有無が仕事に直結する仕事です。「コネは、実力で勝負していないみたいでイヤだ」という人もいるかもしれませんが、パーソナルトレーナーにとっては、コネクションも立派な実力のひとつ。お客様や他のトレーナーから紹介される人の証でもあります。

例えば、「パーソナルトレーナーを探している」と相談を受けたら、あなたはどうするでしょうか。いろんなトレーナーの顔を思い浮かべて、もっとも成果を出すだろうと思っている人を紹介するはずです。当然、自分のクライアントや顔見知りのトレーナーもそうするでしょう。

パーソナルトレーナーは、実力がなければコネが機能しない世界です。他トレーナーやクライアントと接して人脈を広げ、積極的にコネクションを結んでおいて損はありません。

知識

パーソナルトレーナーは、身体づくりをサポートする専門家です。専門家と呼ばれるにふさわしい知識を身に着けなければなりません。

パーソナルトレーナーはお客様の身体全体を管理するので、身体に関する知識は必須です。一通りのトレーニング方法や、減量・増量の方法は必ず習得します。これらの知識の基礎となるのが、解剖学や栄養学です。

また、人に指導をするコーチングの知識も必要になるでしょう。 パーソナルトレーナーになるためには、幅広い知識が必要です。独学では、古い情報や誤った情報を見分けることができないので、プロから正確な知識を学ぶことが大切。養成スクールやセミナーに参加して、プロから一流の知識を身に着ける機会を設けましょう。

パーソナルトレーナー業界の動向を掴むための
おすすめサイト

「資格」は知識のアピールポイントになる

パーソナルトレーナーになるために資格は必要ありません。しかし、「パーソナルトレーナーとしての知識を十分に持っている」という分かりやすいアピールポイントになるのは間違いないでしょう。クライアントはパーソナルトレーナーの資格に明るくない人がほとんどですが、それでも「無資格」のトレーナーが相手だと不安を覚えてしまうものです。

NSCA-CPTやNESTAなど、各団体が出しているパーソナルトレーナーの資格を最低でも1つは取っておくことをおすすめします。

技術

パーソナルトレーナーの仕事は、単に運動と食事の方法を教えるだけではありません。目的に合わせたトレーニングメニューを組み、クライアントが思い描く理想の体型へと導くことが求められます。

理想は人それぞれですし、同じ体型を持つ人は一人もいません。まずはカウンセリングを行って理想の体型や普段の運動量・食生活などをしっかりと聞きだす必要があります。また、一人ひとりに合ったトレーニングを的確に指導するためにも、的確に課題を見抜くための「技術」は欠かせません。

トレーナーにふさわしい肉体は雄弁にスキルを語る

パーソナルトレーナーは、指導をするかたわら、自らのトレーニングも怠りません。なぜなら、自分の身体が「信頼」に直結することを知っているからです。

どれだけ素晴らしいコーチングをするトレーナーでも、お腹にだらしなく肉がついていては信頼を得ることはできないでしょう。何よりも、指導内容の説得力が薄れてしまいます。パーソナルトレーナーとしての信頼を勝ち取るのは、「トレーナー自身の肉体」といっても過言ではありません。

自分自身のトレーニングもおろそかにせず、指導内容に説得力を感じられる身体に仕上げましょう。

必要な専門知識

運動と食事の指導だけが、パーソナルトレーナーの仕事ではありません。パーソナルトレーナーになるためには、どんな知識を身に着ける必要があるのでしょうか。

トレーニングの知識

パーソナルトレーナーである以上、まず必要になるのがトレーニングに関する知識です。

各部位のトレーニング法はもちろん、年代・性別や健常者・障害者、スポーツ関係であれば競技によってもトレーニング法が異なります。

独学でもある程度は身に着けられるため、ついおろそかにしてしまいがちなのがトレーニングに関する知識。養成スクールに通うかセミナーを受けて、正しい知識を得ることが大切です。 お客様の数だけ、トレーニング方法があることを意識してきちんと知識を身に着け、クライアントが目標達成できるようなサポートに繋げましょう。

機能解剖学

「なぜこのトレーニングが必要なのか?」を伝えるためには、身体の構造について熟知する必要があります。身体本来の機能や状態をあらかじめ知っていれば、お客様の身体に起きている不具合の原因や対処法が分かるからです。

不具合の原因や効果的なトレーニング法は、身体を動かす習慣がある人にとっては感覚的に分かる部分です。しかし、機能解剖学的に理解すれば、10人中10人のクライアントが納得できるような、具体的かつ根拠のある伝え方ができるようになります。

栄養学

主にシェイプアップやダイエットの分野で活躍します。トレーニングと並行して行うカロリー制限や糖質制限を、健康を害さないよう進めるためには必須の知識です。

クライアントの中には、体質的にカロリー制限や糖質制限が合わない人もいますし、食材に好き嫌いがあったり、アレルギーを持っていたりする人もいるでしょう。栄養学は、より効率よく減量・増量をするための手段に留まらず、クライアントにとってストレスのない食事を指導できるかどうかを決める重要な学問でもあります。

運動生理学

運動生理学では、有酸素運動や無酸素運動が、身体にどう影響しているかを知るための知識を学びます。また、運動時にどんな物質が合成・分解され、どうやってエネルギーへと変換されるのかを理解できます。

パーソナルトレーナーを目指すほとんどの人が今まで触れたことのない分野なので、初めて聞く単語が数多く出てくるでしょう。難しい分野ですが、トレーニングで成果を上げるためには外せない知識です。

カウンセリングの知識

パーソナルトレーナーに求められるのは、身体へアプローチして理想の体型・体調に近づけることです。トレーニング前にしっかりとカウンセリングができていないと、クライアントの理想を読み違えてしまい、見当外れのアプローチをすることになりまねません。

また、パーソナルトレーナーに求められるスキルの一つに、クライアントのモチベーションを維持するメンタルケアがあります。トレーニングを続け、目標達成を遂げるためにも、しっかりカウンセリングの知識を身に着けましょう。

営業の知識

パーソナルトレーナーにとっての営業とは、いわばクライアントが持つ体型・体調の不満を解決する手段として、「私の知識・スキルを活用してはどうか」と提案することです。「自分の実力を正しく伝えるスキル」と言い換えてもいいかもしれません。

もしフリーランスや独立開業を目指している場合、自らクライアントを集めなければならないため、自分の実力を正確に相手に知ってもらうための「営業」は必須のスキルです。

コーチングの知識

コーチングは、いわば「伝える」スキルです。クライアントの中には、数的根拠に基づいた話を好む人もいれば、感覚的な表現で伝わる人もいます。一口に「トレーニングを指導する」と言っても、判で押したように同じことばかり伝えていては、本当の意味でクラアイントに正しい情報を伝えることはできません。

コーチングでは、「答えはクライアントの中にある」という考えのもと、お客様が自発的にトレーニングをするように導くための知識が学べます。

パーソナルトレーナーになるのは簡単?

パーソナルトレーナーは弁護士や税理士のような職業とは違い、クリアしないとならない国家資格はないので自称でもすぐに始めることは可能です。

それを聞くと簡単そうに思えるかもしれませんが、パーソナルトレーナーとしてどの程度の実力があるのか客観的に評価するシステムが確立していないとも言えます。

だからこそ即戦力としての知識・スキルを身に付けた人は、求人ニーズも高く活躍できるのですが、それをアピールする手段としては民間資格を取得し、実務経験を積むことが有効です。

もし未経験でこれからパーソナルトレーナーになることを目指すのであれば、ますは資格取得を目標に短期間で修了する養成スクールに通い、知識と実技の両面で力をつけることが一番の近道でしょう。